銀座のショーウインドウの四季~写真集
top_slide_sample_01
銀座のショーウインドウの四季~写真集

1870年ころ、銀座煉瓦街に設置されたのがその発端と言われるショーウインドウ。「銀ブラ」を楽しむ象徴的な存在として、銀座の街の発展や変遷とともに面影を変えてきている。そのショーウィンドウの各店の四季の変化を写真で追っていく。

□ 銀座三越

201801銀座三越1

201801銀座三越2

201801銀座三越3
3種類の大きさの「籠かぶり犬」(竹+犬=笑にかけた縁起物)。犬が目立つのでどうしてもそちらに目が行きがちだが、それぞれのウィンドウに一点ずつ、背中や鼻先などに販売品としての工芸品が置かれている(2018年1月6日撮影)

□ 銀座和光

201801銀座和光1
ショーウィンドウの大きさを生かした圧倒的に存在感がある二匹の犬。三越同様、こちらも竹との組み合わせで(2018年1月6日撮影)。[内容詳細はこちら]

201801銀座和光2

201801銀座和光3

□ 日産ギャラリー

201801日産ギャラリー
「ダットサンSPL213」と草月流いけばなとのコラボレーション。12月27日~1月31日までの展示(2018年1月6日撮影)。[内容詳細はこちら]

□ 銀座英国屋

銀座英国屋
大阪デザイン教育研究所との産学共同プロジェクトにより、デザイナーを目指している学生に企画・デザインを任せたショーウインドウディスプレー。2017年12月26日から2か月間ほどの展示(2018年1月6日撮影)。[内容詳細はこちら]

□ 伊東屋銀座本店

ITOYA20180106
犬をあしらった大凧を一点のみシンプルに掲示(2018年1月6日撮影)


□ シャネル銀座

シャネル201801-1

シャネル201801-2

シャネル201801-3
著名ブランド店舗が立ち並ぶ中央通りの中でも、一段と大きなショーウィンドウを持つシャネル。魅惑的なコーディネートが多数ディスプレイされていて、いつも目を引かれる。上2つが中央通り沿い(2018年1月6日撮影)

ザ・ファースト・カンパニー2018


木挽町東銀座グルメ

レガシーカンパニーザ・ファーストカンパニー foot_ad_sample_03