【築地食べ歩き写真集】 寿司、海鮮丼など築地場外おすすめグルメを一気に紹介-後篇
top_slide_sample_01
【築地食べ歩き写真集】 寿司、海鮮丼など築地場外おすすめグルメを一気に紹介-後篇

【築地食べ歩き写真集】~場外市場のおすすめグルメを一気に写真で紹介~の後篇です。

●後篇の掲載店一覧● 
築地魚河岸(全館)、味の浜藤、粋、魚政、黒川、黒銀、栄すし、秀徳 3号店、千秋 はなれ、築地魚政、築地寿司清、東都グリル、はいばら、北海番屋、丸豊、ル・パン、(休業)井上、(閉店)深大寺そば まるよ、さかえや

—————————————————
■「前篇」一覧はこちらから■
—————————————————

■ 築地魚河岸(全館)

築地市場の豊洲移転対策の一環で、場内仲卸の販売拠点として生まれた施設。2016年11月オープン。施設内3階は飲食店フロアとなっており、場内の店舗が4軒出店している。基本的には既存店のメニューに準拠するが、築地魚河岸オリジナルも多数。2017年9月からは夜営業も開始。客付きはまだまだだが、頑張ってほしいところ

また3階屋上には、椅子やテントなどが設置された休憩スペースがあり、1階で買った魚介類を持ち込んで食べることができる(屋内にも休憩所がある)。センリ軒(カフェ)でアルコール類も販売しているため、持ち込んだつまみとともにチョイ飲みも可能。

〇「魚河岸海鮮」・・・場内「市場の厨房」「魚四季」系列。創業母体となる料亭「牡丹」が閉業したため、そちらのスタッフが夜営業開始に合わせて移行
20170627魚河岸海鮮 季節の生しらす丼 1,500円 (2017/6/27)

20170929魚河岸海鮮1 サメ鰈薄造り 1,200円 (2017/9/29夜)

20170929魚河岸海鮮2 メヒカリ唐揚げ 680円 (2017/9/29夜)

20170929魚河岸海鮮3 サンマ塩焼き 950円 (2017/9/29夜)

〇「小田安」・・・場内に店舗を構えるフライ系の老舗人気店(チャーシューエッグも看板メニュー)。こちらも場内の人気メニューを揃えるとともに、夜は居酒屋テイストに(夜メニューは消費税別途)。刺身や焼き物なども用意。日本酒の品揃えがもう少し増えると
小田安20171122-1
アジフライ 800円 (2017/11/22夜)

小田安20171122-2
鰆の幽庵焼き750円 (2017/11/22夜)

小田安20171128-1
刺身三点盛り(メジマグロ、ブリ、スズキ) 1,400円 (2017/11/28夜)

小田安20171128-2
定番のチャーシューエッグ 800円。チャーシューと玉子の数は、それぞれ細かく指定して注文できるとのこと (2017/11/28夜)

小田安20180302-1
場内定番のもう一つの柱、牡蠣ミックス 1,300円 (2018/3/2夜)

小田安20180302-2
特大のメバチまぐろのカマ焼き。サービスメニューの777円 (2018/3/2夜)

〇「鳥藤」・・・場内外に店舗を構える鶏専門店。他の系列店舗同様、親子丼系が主体だが、ここは(鶏系)ラーメンにも力を入れている
魚河岸鳥藤20170615 とりそば全部入り 1,000円 (2017/6/25)

〇わたなべ(1階物販)・・・築地の貝の仲卸では最大手クラス。築地魚河岸の小売店の中でも評判の高さは随一で、商売が丁寧でモノも良いのでよく立ち寄る。その場で(格安で)さばいてくれるサービスもあり (2018/1時点で、盛合せなどの本格的な調理サービスは中断のこと)
20170713わたなべ

20170713わたなべ2 三重産天然岩ガキ(特大) 900円 ※工賃込みで975円 (2017/7/13)

わたなべ貝盛り 黒アワビ、サザエなど季節の最上ものを軸に、イシガキ貝、タイラガイ、トコブシに、ムラサキウニの小箱。写真とは別途、岩牡蠣2つで作業賃込み 17,400円。3階で食べていると周りのお客さんが寄ってきて「写真撮ってもいいですか?」のリクエストも多数 (2017/7/29)

【築地魚河岸公式ページ】


■ 味の浜藤 (あじのはまとう) 

西京漬けの販売を中心に創業90年以上の歴史を誇る老舗。従来は物販のみだったが、2017年春から小規模ながらイートインを開始。自社製品を味わえるアンテナショップ的な形で経営している。「合成保存料、合成着色料、化学調味料を一切使用しない」という同社のこだわりをしっかり感じるメニューだが、一見さんと外国人ばかりになった今の築地で、この上品な味を求めている人は少ないかなとも思う。歌舞伎座あたりにあれば大人気になると思うのだが。

浜藤20170827-2

浜藤20170827-3
ランチメニューのサービスの一つが、自社製品の佃煮を(各日2種類ずつ)自由に食べることができること。ご飯のおかずでも、酒のつまみでも、こういうサービスはけっこう嬉しい

浜藤20170827-1
看板メニューの、銀鱈西京焼き御膳 1,508円 (2017/8/27)

浜藤20170827-4
紅鮭ハラス塩焼御膳 1,000円 (2018/2/8)

■ 魚や 粋/地下の粋 (いき) ※夜営業のみ

今までの「通路利用」がダメになったとのことで、2017/9末に完全立ち飲みスタイルにリニューアル。食材ケースが無くなり、牡蠣のみの構成になるなどスケールダウンして少し残念。メニューも地下の「地下の粋」とほぼ同じ内容に。
~以下は、それ以前の紹介文~
ビルの同フロアの店舗が全て閉まっている夜、奥手に回ると突如雑然としたガード下的なノリの飲食空間が表れる。そのギャップがまず面白い。さまざまな産地の牡蠣を食べ比べられるのと、たくさんの食材が入ったショーケースを囲みながら食べる雰囲気が魅力で常時賑わう。刺身を頼むと本わさびとサメ皮おろしが付いてくるのもポイント。

20150119魚や粋-1 ○牡蠣5種盛
※右から、陸前高田350円、相生300円、兵庫・室津300円、長崎・小長井400円、門司400円 (2015/1/19)

20150119魚や粋-2 寒ブリ 本日の目玉品280円と、鹿児島のはた 1,480円 (2015/1/19)

20150428粋-2 左、岩ガキ/豊後水道 800円。右、真ガキ/三重・津村 300円 (2015/4/28)

20150428粋-1 松皮ガレイ/石巻 755円 (2015/4/28)

20151130%e7%b2%8b イクラとズワイガニと海藻のサラダ (2015/11/30)

20160620%e7%b2%8b 舞鶴産岩牡蠣 1つで1,300円 (2016/6/20)

20160801魚や粋 生ガキの5種盛り 各250円~800円 (2016/8/1)

20160923%e7%b2%8b1 粋盛(平すずき、尾長鯛、メジマグロ) 1,700円 (2016/9/23)

20160923%e7%b2%8b2 甘鯛焼き(愛媛産赤甘鯛) 860円 (2016/9/23)

20170404粋 天然魚介だしで作ったスープカレー 880円 (2017/4/4)

20170404粋2 三点盛り 800(三重浦村、岩手雪どけ、山口才川) (2017/4/4)

20170624粋 牡蠣の三種盛り。岩ガキが五島列島産450円と輪島産500円。真牡蠣が志津川産300円。セットで1,100円 (2017/6/24)

20170904地下の粋1 ○牡蠣のアヒージョ 1,480円 (2017/9/4:地下の粋)

20170904地下の粋2 ○西京味噌バター焼き&チーズグラタン焼き 計560円 (2017/9/4:地下の粋)
※この日の女川産は180円。焼き調理料が各+100円

20170904地下の粋3 牡蠣とクリームチーズのパテ 680円 (2017/9/4:地下の粋)

【食べログ情報】魚や 粋
【Retty】で知り合いの口コミを探す


■ てんぷら 黒川 (くろかわ)

観光客が訪れないような目立たない裏通りにありながら、地元客以外にもファンが多い。かき揚げ天丼の中のホタテがあまりに多くて驚かされた。

20141113黒川○天丼 1,500円 (2014/11/13)

20150212黒川
20150212黒川2ランチ「雪」コース 2,000円から、海老と牡蠣の天ぷら。いずれも2人前。(2015/2/12)
※写真にはないが「卵の黄身の天ぷら」が個人的には好み。

20170125黒川 海老天丼 1,500円 (2017/1/25)

【食べログ情報】てんぷら黒川
【Retty】で知り合いの口コミを探す

☆ページ最上部(店舗名一覧)へ戻る☆


■ まぐろや黒銀築地本店(旧おかど)

経営の母体は「おか戸」時代と同じままで、屋号(黒銀は大阪黒門市場を本拠)を変えて再スタート。座れるイートインスペースを追加しスペース拡大。ただしメニュー構成と価格は完全に観光客よりに。写真は「おか戸」時代のもの

20151017おかど1900 ○大トロ、中トロ、赤身2貫ずつ 計1,900円 (2015/10/17)

20151024おかど ○トロたく巻き 500円(2015/10/24)

20151226おかだ 大トロ、中トロ、赤身1貫ずつ 計1,200円 (2015/12/26)

☆ページ最上部(店舗名一覧)へ戻る☆

■ 栄寿司

建物の中を抜ける小さな路地沿いの一軒。見た目の雰囲気から「観光客狙いの店かな」とずっと足を向けていなかったのだが、場外の某店オーナーから「手軽に寿司を食べるならおすすめだよ」の声をもらい、今さらながら訪問。店の雰囲気もほのぼのとしていて丁寧で、値段も内容も確かにお手ごろ。

20160425栄すし1
20160425栄すし2 握り10貫セット 3,300円から。写真にない一貫はアナゴ (2016/4/25)

20160605栄寿司 おまかせ丼 1,700円 (2016/6/5)

【食べログ情報】栄寿司
【Retty】で知り合いの口コミを探す


☆ページ最上部(店舗名一覧)へ戻る☆

■ 秀徳 3号店 (しゅうとくさんごうてん)

積極的な拡大を続ける「秀徳」グループの3号店。旧2号店は店内の空気が悪くて、同じ食べるなら3号店で(基本は本店だが、席数が少なく空いていないことが多い)と考えていたが、2号店も移転リニューアルしてその欠点はなくなり、内容もかなり酷似した感じになっている

20150425秀徳3-4000
20150425秀徳3-6000写真上が4000円、下が6000円のお任せコース。(2015/4/25 昼)※他に手巻き1本。4000円コースはイクラのみ、6000円コースはウニ+イクラ

見比べると6000円にしかないのが、大トロ、生トリ貝、シロエビ、キンメの炙りなど。共通するアナゴやウニなども根本的にネタが違い、2000円の差以上の違いを感じるため、4000円を頼むなら6000円を頼んだほうが得に感じる。

20150425秀徳3-3各コース共通のあら汁

【食べログ情報】秀徳 3号店
【Retty】で知り合いの口コミを探す

☆ページ最上部(店舗名一覧)へ戻る☆



かつて「芳野吉弥」があった、路地裏の狭い一角(栄寿司の隣地)に2017年夏にオープン。鯖、鮭、鱈などのフィッシュバーガーが基本だが、立ち飲み的な提供もあり。バンズにけっこう個性があって、魚系フライとの相性はいいと感じた。店主の接客が非常に熱意があって、サービス精神も高い。

魚政1
手前から、シメサバ、アジフライ、奥二つが桜ます (2018/4/15)

魚政2
鹿肉たたきのウニ乗せ 1,200円 (2018/4/15)

魚政20180415
桜ますバーガー 800円 (2018/4/15)

【食べログ情報】築地魚政
【Retty】で知り合いの口コミを探す

☆ページ最上部(店舗名一覧)へ戻る☆

■ 千秋 はなれ (ちあき はなれ)
前述「千秋」の姉妹店。座敷席や個室も用意し、「日本料理店」として落ち着いた設えの店舗。雑然とした店舗が多い築地では、多人数でもゆったりと本格的な魚料理を味わえる限られた存在で、仕事絡みの食事はここを選ぶことが多い。店の前には「名物 サバ味噌煮」の幟がはためく。

20150106千秋はなれ 上刺身定食 1,800円 (2015/1/6)

20150126千秋はなれ サバ味噌煮定食 850円 (2015/1/26)

20150511はなれ1 貝の刺身3種盛り合わせ 1,300円 + さくらます刺身 1,000円 (2015/5/11夜)

20150511はなれ2 輪島のいわがき 700円 (2015/5/11夜)

20150511はなれ3 時知らずの木の芽焼き 1,300円 (2015/5/11夜)

20150511はなれ4 蛤の殻つき天ぷら 3個 1,500円 (2015/5/11夜)

03
金目鯛煮付け定食 1,000円 (2015/8/25)

20160322%e5%8d%83%e7%a7%8b%e3%81%af%e3%81%aa%e3%82%8c どんちっち鯵一夜干し定食 800円 (2016/3/22)

【食べログ情報】千秋 はなれ
【Retty】で知り合いの口コミを探す

☆ページ最上部(店舗名一覧)へ戻る☆


■ 築地寿司清 築地本店 (つきじすしせい)

いまのような観光地化が進むずっと前、「夜になると周りは真っ暗」という時代から、ずっと存在感を放ってきた老舗の本店(そのため例外的に大チェーン店ながら掲載)。新興店舗が乱立後も「安定感がある」という評価を聞くことが多い。(観光客ももちろん多いが)古くからの常連も多く、他の寿司店に比べると客層が落ち着いている印象。

寿司清-1

20150124-46おまかせ 3,600円から クルマエビ、ズワイガニ、ウニ、イクラ(写真上) 大トロ(写真下)

20150124-47コースとは別途注文の、わさび巻 1,296円 (2015/1/24)

20160105寿司清
極ちらし 2,571円 (2016/1/5)

20170307寿司清

20170307寿司清2
おまかせ 3,600円から。イクラ、ウニ、アカエビ、ズワイガニ (2017/3/7)

20170325寿司清
おこのみで、ボタンエビ、金目鯛、コハダ (201/3/25) ※ただし新館

【食べログ情報】築地寿司清 築地本店
【Retty】で知り合いの口コミを探す

☆ページ最上部(店舗名一覧)へ戻る☆

■ 東都グリル (とうとぐりる)

観光要素ほぼゼロ、地域の人たちの日常に密着し、時代の変化も関係ないといった雰囲気の「ザ・大衆食堂」的レストラン。たばこの煙もかなり漂い、ガヤガヤ感満載。しかし下卑た感じはなく、お洒落志向でなければ、懐かしい感じで落ち着けるかも。

20150122東都グリル牡蠣の鉄板焼き定食 1,250円 (2015/1/22)

20150618東都-1メバチマグロの刺身定食 880円 (2015/6/18)

20150618東都-2ホタテフライ単品 750円 (2015/6/18)

20160604東都グリル2
ホタルイカ 450円 (2016/6/4)

20160604東都グリル1
天然ヒラメの刺身定食 1,030円 (2016/6/4)

20170125東都グリル
ミックス刺身定食(まぐろ、ブリ) 820円 (2017/1/25)

20170617東都グリル
海鮮納豆丼 900円 (2017/6/17)

【食べログ情報】東都グリル
【Retty】で知り合いの口コミを探す

☆ページ最上部(店舗名一覧)へ戻る☆

■ はいばら 築地2号店

1号店も築地4丁目交差点近くにあるが販売のみ。飲食できるのは、この2号店のみになる。最上級の「松」でも3000円と、値段設定は抑えめだが、内容的には十分。

20150108はいばら
○うな重(松) 3,000円 (2015/1/8)

【食べログ情報】はいばら 築地2号店
【Retty】で知り合いの口コミを探す

☆ページ最上部(店舗名一覧)へ戻る☆

■ 北海番屋 (ほっかいばんや)

鮭やイクラなど「北洋物」の仲卸の代表的存在である北田水産が手掛ける飲食店。海産物の網焼きがウリのお店だが、海鮮丼も豊富。「表に出ている写真の華やかさに比べて実際は・・・」という経験は海鮮丼ではよくありがちだが、ここはまさに写真そのもの。そのあたりのこだわりの説明はこちらから

20141114北田
いくら丼 2,100円 (2014/11/14)

20150220北海番屋
オーロラ丼 2,900円 (2015/2/20)

北海番屋1
うに丼 2,900円 (2015/7/10)

20160116北海番屋
海鮮焼き/牡蠣・サザエ (2016/1/16)

20160116北海番屋2
海鮮焼き/ホタテガイ (2016/1/16)

20160123北海番屋
海鮮焼き/ホッキガイ (2016/1/23)

20160226北海番屋
トロ丼 3,200円 (2016/2/26) 

20170326北海番屋
カニイクラ丼 2,400円 (2017/3/26)

【食べログ情報】北海番屋
【Retty】で知り合いの口コミを探す

☆ページ最上部(店舗名一覧)へ戻る☆

■ おにぎり屋 丸豊 (まるとよ)

朝早い築地でも午前3時オープンと、抜群の早起き店舗(2016年から5時オープンに変更)。「具の種類がものすごくたくさん」&「一個のサイズが大きい」のが特徴のおにぎり屋さん。築地の町を支える黒子的な存在として「もっとも築地場外らしい店」と言えるかも。

20150130丸豊
左から、カキご飯 216円、あさり 195円、ばくだん 216円 (2015/1/30)

丸豊2015223
焼きおにぎり 195円、鯱天(えび天) 281円 (2015/2/23)

20160923%e4%b8%b8%e8%b1%8a
マグロの太巻き1本分 397円の激安設定 (2016/9/23)

【食べログ情報】おにぎり屋 丸豊
【Retty】で知り合いの口コミを探す

☆ページ最上部(店舗名一覧)へ戻る☆

■ パン工房 ル・パン

築地には珍しいパン屋さんだが、行列していることも多い人気店。名物は、あんこクロワッサン。店内にはイートインスペースも。

20150120ルパン
あんこクロワッサン 210円、メープルピーカン 230円 (2015/1/20)

【食べログ情報】パン工房 ル・パン
【Retty】で知り合いの口コミを探す

☆ページ最上部(店舗名一覧)へ戻る☆

休業中、閉店一覧


■ 井上 (いのうえ) ※休業

築地交差点からもんぜき通り入ってすぐにある、築地場外最大の行列店。今風の凝ったラーメンではないことが、逆に多くの愛着を生み出しているのかも。混雑時、丼を積み上げてラーメンを仕上げていくさまはこの店ならではの風景。メニューは1種類のため、何度も訪問しているものの写真掲載は1点のみ。(※周知のとおり、8/3の築地の火事で建物が焼失。再建予定は未定)

20141114井上 中華そば 650円 (2014/11/11)

【食べログ情報】井上
【Retty】で知り合いの口コミを探す

☆ページ最上部(店舗名一覧)へ戻る☆


■ 深大寺そば まるよ (じんだいじそばまるよ)※閉店

場外唯一の立ち食いそば店。地元の人のソールフード的ポジション。2017/8/31に惜しまれながら閉店

20150113深大寺あじ天そば 650円 (2015/1/13)

20150131まるよかきあげ&きす天そば 750円 (2015/1/31)

20150612深大寺そば冷やしかき揚げそば 650円 (2015/6/12)

20170124まるよ ○カレー南蛮そば 650円 (2017/1/24)

【食べログ情報】深大寺そば まるよ
【Retty】で知り合いの口コミを探す

☆ページ最上部(店舗名一覧)へ戻る☆


■ さかえや ※閉店

■2018/2/27閉店■ メニューは、カレーを筆頭にコーヒー、トースト、各種定食・丼類など、食事メニューの充実した喫茶店といったテイスト。観光客でごった返すもんぜき通りの中でも、その雑踏とは距離を置き、お店の方の柔和な物腰も相俟って、ゆったりとした時間を演出する。

20150129さかえや 焼肉カレー 850円 ※カレーは500円 (2015/1/29)

20170124さかえや あずま丼(鮪丼) 850円 (2017/1/24)

20170130さかえや ○海苔トーストとコーヒー 600円 (2017/1/30)

【食べログ情報】さかえや
【Retty】で知り合いの口コミを探す

~レポート 北村和郎(ダイヤモンド経営者倶楽部)~

ザ・ファースト・カンパニー2018


木挽町東銀座グルメ

レガシーカンパニーザ・ファーストカンパニー foot_ad_sample_03