【注目の社内制度】エクスペリエンス軍資金制度
top_slide_sample_01
エクスペリエンス軍資金制度
ソウ・エクスペリエンス株式会社

「体験」に掛かった費用の半額を会社が負担。「公私混同」の働き方を促進

■ 制度の概要

ソウ・エクスペリエンス株式会社は、スタッフが何らかの「体験」をした際に掛かった費用の半額を会社が負担するという人事制度「エクスペリエンス軍資金制度」を2017年8月から導入した。

同社が展開する体験ギフト事業は「贈られてうれしい体験」の発掘や開発が価値の源泉であり、そうした体験に目を向ける機会を少しでも増やすことで、体験ギフトの質の底上げや新たなコースの開拓につなげることを狙っている。

この制度は、体験ギフトのコースを開拓する専門チームの所属メンバーのみならず全員が対象で、良い意味での公私混同を促進し、仕事と私生活が豊かになることを目指した制度となっている。

何をもって体験とするかは規定せず、制度を利用するスタッフの裁量に委ねている。利用した際のレポートなどの義務はなく、スタッフは月に1度の経費精算で手続きをするのみ。会社が負担する上限金額は1万円、上限回数は月に1回。

■ 制度設立の背景

人にとって「働くこと」は精神的にも経済的にも重要であり、個人の生活や人生に大きな影響を与える「体験」の一つであるというのが、ソウ・エクスペリエンスの創業当初からの認識であり、これまでにも「副業OK」や「子連れ出勤」などの諸制度が生まれ、定着してきた。

今回導入する「エクスペリエンス軍資金」も、社員が日頃からさまざまなことに興味関心を抱き、それをもとに行動し良い変化を自ら起こすことを目的としており、上記のミッションを社内外問わず達成していくための施策として捉えているという。

■ これまでに体験がサービスにつながった事例

○Bリーグ観戦をスタッフ同士で楽しんでいた ⇒Bリーグ観戦が体験ギフトコースに(※下写真参照)
ソウエクスペリエンス制度2

○ぶどう畑でボランティアをしていた ⇒ワイナリー見学が体験ギフトコースに
○オフィス近くのコーヒーロースターでコーヒーの魅力を知り、たくさんのコーヒーを飲んだ ⇒独自の味を追求する東京のロースターの豆を選べる「COFFEE GIFT」の開発につながった

■ 会社の概要

会社名:ソウ・エクスペリエンス株式会社
代表取締役社長:西村琢
本社所在地:東京都目黒区目黒 1-24-4 サンライト追川ビル地下 1 階
設立:2005 年 5 月
資本金:6803 万円
従業員数:43 人(2017 年 4 月現在)
事業内容:体験ギフトの企画・販売
https://www.sowxp.co.jp/

レガシー・カンパニー3


木挽町東銀座グルメ


宝塚受験応援ブログ

レガシーカンパニーバナー宝塚受験応援ブログGrantsienne foot_ad_sample_03