A-English | 注目の社内制度 | diamond frontier net
Aenglishアイコン

社内のネイティブスピーカーを講師とした英会話教室。格安価格で本格的な英会話の授業を受講可能

■取組の概要

A-English_4自社のグローバルな展開や個人のスキルアップに向けて、社内のネイティブスピーカーを講師に迎え、個人あるいはグループで英会話レッスンを受講できる制度「A-English」を2013年6月からスタート。

対象者は希望する者であれば役職は問わず、20分間の無料のトライアルレッスンを受講した後、1時間6,000円で実際のレッスンを受講することができる。この6,000円は1人あたりではなく、1レッスンあたりの費用となるため、最大4名のグループで受講すれば1人あたり1,500円という破格のレッスン料で本格的な英会話レッスンを受講することが可能。従業員のスキルアップに大いにつながっている。

■背景・意義

スマートフォンにおけるエンターテインメント事業は、フィーチャーフォンのように携帯電話会社のメニューの中という限られた場ではなく、世界に向けてゲームが発信できる環境が整った。

A-english_1そのようなマーケットにおいて、グローバル向けのタイトルを発信するエイチームでは、海外対応能力の向上が必至である。しかし実際にスキルアップや目標に「語学力の向上」を掲げる者が多いものの、語学力を身につける方法がわからなかったり、英会話に通う時間がないのが現状だった。

しかしこの制度は、社内で気軽に受講できコストも安い。また社内の従業員同士だからこその共通のトピックスも多く、業務で用いる実践的な内容で英語力を高めていけるのも強みとなっている。

■お問合せ

株式会社エイチーム 社長室広報 pr@a-tm.co.jp 

ザ・ファースト・カンパニー2018


木挽町東銀座グルメ

レガシーカンパニーザ・ファーストカンパニー foot_ad_sample_03