LR HEART | 注目の社内制度 | diamond frontier net
lrheart

「宇宙一愛される企業」を目指すライブレボリューションの、メンバーの「心」の部分を明文化

■取り組みの概要

lrheartライブレボリューションでは会社のことを、メンバーが集まった「心」ある存在であると捉え、『LR HEART』は、その「心」を明文化したものとなる。

例えば、「LRが提供したいものではなく、お客様が望むものだけを提供しているか」「業務の因数分解に努め、業務改善を推進しているか」などの言葉が並び、業種や立場に一切左右されない本質的なことが記されている。

『LR HEART』をつくることになったきっかけは、「ザ・リッツ・カールトン・ホテル」を同社の増永社長が訪れ、「クレドカード」について直接人事部長の方からレクチャーを受けたときの感銘が由来。その後、2005年4月に制定され、それ以来、毎朝一ページ(通常3項目)ずつ、スタートアップミーティングにて全社員で読み合わせをしている。

■LR HEARTを軸に

○『LR HEART』を理解し、実践できる人のみ採用
採用時に最も重視しているポイントは、『LR HEART』に共感しているのかどうか、『LR HEART』を理解し、実践できるのかどうかということ。価値観が合わない人を採用してしまうと、お互いにとって幸せな職場環境とはなりえない。こうして、採用・入社の時点で基本価値観を明確に一致させることにより、社員の幸せを追求し、お客様に対する最高のサービスを生み出すー同社の掲げる「メンバー第一主義、顧客第二主義」を実現するための独自の企業文化ができあがり、現在もなおはっきりと形作られている。

○給与制度は『LR HEART』に基づいた行動と連動
2006年4月に一新された給与制度では、それまでの営業数字連動型評価を大きく変更し、『LR HEART』に記されているさまざまな基本原則に関する質問(約40項目の質問 )によって評価されることとなった。その評価は、会社あるいは上司だけが行うのではなく、当事者を取り巻く6名のメンバー(上司、同期、後輩等)からwebを通じて評価される制度「Six Members Valuation」になっているのも特徴である。その評価内容は、独自の計算式のもと給与の昇給額に反映され、同社では年4回の給与昇給と評価が行われている。すべては『LR HEART』に則った評価となるため、それを受ける社員も納得のいく評価を得ることができるようになっている。

■お問合せ

株式会社ライブレボリューション
お問い合わせフォーム

レガシー・カンパニー3


木挽町東銀座グルメ


宝塚受験応援ブログ

レガシーカンパニーザ・ファーストカンパニー foot_ad_sample_03