【注目の社内制度】リディラバ行動七原則
top_slide_sample_01
リディラバ行動七原則

メンバー一人ひとりの行動の基点となる価値観「リディラバ行動七原則」

社会問題を取り上げたスタディツアーを展開しているリディラバは、組織としての価値観を言語化するときに、理念、事業、組織文化、行動指針という4つを体系化しているが、その中でも特に共有に力を入れ、関わるものがもっとも目にする機会が多いのが、「行動七原則」と呼ばれる行動指針。一人ひとりがアクションを起こすたびに意識しないといけない言葉として、トイレにも貼ってあるほど徹底して周知を図っている。

「リディラバ行動七原則」

1.なぜそうなのか?本当にそうなのか?
2.検証せずに悩んでいないか?
3.いまあなたは手を動かしているか?
4.属人的な議論をしていないか?
5.マクロとミクロを行き来しているか?
6.社会を塗り替えるスピード感で仕事をしているか?
7.仕事を学びにできているか?


会社/法人概要

会社名 株式会社Ridilover
設立 2013年3月28日
代表 安部敏樹
所在地 〒113-0033 東京都文京区本郷3-9-1 井口ビル2階
資本金 927万円
事業概要 スタディツアーの企画運営、修学旅行や研修旅行等のアレンジ、旅行業法に基づく旅行業、webサービスの開発・運用
http://ridilover.jp/

 ————————————

法人名 一般社団法人リディラバ
設立 2012年6月28日
代表 安部敏樹
所在地 〒113-0033 東京都文京区本郷3-9-1 井口ビル2階
事業概要 スタディツアー事業、修学旅行事業、ウェブメディアの企画・運営

レガシー・カンパニー3


木挽町東銀座グルメ


宝塚受験応援ブログ

レガシーカンパニーザ・ファーストカンパニー foot_ad_sample_03