暗号通貨で決済できなければ未来のオンカジではない?その理由とメリットをご紹介

国境のない決済方法として注目されている暗号通貨。サトシ・ナカモト氏の論文からスタートした史上初の暗号通貨「ビットコイン」は、10年以上の歳月を経て、フィアット通貨を脅かす存在へと成長しています。現在では、オンラインカジノでも積極的に採用が進んでいますが、決済における特徴を差別化した「クリプトカジノ」に人気が集まっていることにお気づきの方も多いのではないでしょうか?

暗号通貨が使える優良カジノブランドで提供するウェルカムボーナス、例えば、コニベット 入金不要ボーナスなどを利用して、お得にオンラインカジノに参戦するプレイヤーも増加中です。国内ではIR計画によって国内にカジノが誕生しようとしていますが、ここではその現状を踏まえて注目される「オンラインカジノ」での暗号通貨決済について、そのメリットを中心にご紹介します。

暗号通貨を選ぶ3つのメリット

暗号通貨決済には大きな利点が3つあります。さて、プレイヤーの心を動かすメリットとは?

トレースされない安心感

暗号通貨は、インターネット上のみに存在する質感のない通貨です。それだけに利用者のプライバシーと情報を重視することに終始しているのが第一の特徴となります。どういうことかというと、暗号通貨を利用する場合、送金側の取引記録を非公開にしたり、または記録せずに実施することができます。つまり、どこから出金されているのか「トレース」できないようになっているのです。もちろん、根底にあるのは利用者の個人情報保護といった観点が中心になりますので、隠れて、コソコソといった解釈は本位ではありません。しかし、身元を第三者に知られることなく決済処理を行うことができるのは、個人取引を最大限に尊重したメソッドだと言えるでしょう。

決済処理がスムーズで爆速

法定通貨を使って決済処理を行う場合、銀行といった金融機関の営業日や送金時間を考慮する必要があります。今まではこういったプロセスを前提に送金や入金手続きを行っていたと思いますが、暗号通貨の場合はその必要がありません。処理は10分以内で完了し、24時間365日いつでも、どこからでも実施することができます。

暗号通貨の良いところは、入出金のプロセスについて「コンビニ感覚」が芽生えるという点でしょう。現代のビジーピープルが追求する「シンプル」「コンビニエンス」といったライフスタイルに多くの点でフィットしています。

余計な手数料が必要ない

一般的に家計を見直す際に、最も着目するのは「無駄を削る」ということではないでしょうか?もともと必要のない余計な出費をシャットアウトすることで、本来使わなくても良い「お金」が生まれてきます。この思考を再現したのが「暗号通貨」における決済方法です。

オンラインカジノの入出金を振り返ると、エコペイズ、マッチベター、スティックペイといったウォレット系も人気を博していますが、やはり多少なりとも「手数料」がかかってきます。わずかでありながら、オンラインカジノで頻繁に入出金を行う方にとっては年間で一定の手数料を払うことになってしまいます。

一方で、ビットコインやライトコインの類を見てみると、おおむね手数料は無料か、もしくはかかったとしても最大5ドル程度です。オンラインカジノで入金不要ボーナスを獲得しても、実際に利用するフェーズで「手数料」がかかってしまうと、最終的には出費が多くなってしまいますよね。

暗号通貨は1万種類を超える勢い、まだまだ増え続ける

「暗号通貨」といっても、フワッとしたイメージで解釈されている方もいると思います。2022年の9月において、インターネット上に存在する暗号通貨は1万種類以上だと推測されているため、驚く方も多いでしょう。

そもそも、暗号通貨の種類はビットコイン、アルトコイン、そして草コインといった分類でカテゴライズされますが、暗号通貨の生みの親である「ビットコイン」は暗号通貨の中で最もバリューのある通貨となっています。ビットコインがトップにあり、リップルやイーサリアムといった知名度が高く時価総額が高い通貨の総称がアルトコイン、そして、暗号通貨としてはルーキーの位置で知名度も低く、時価総額的にも一定に満たない通貨が草コインです。こういったヒエラルキーはあるものの、底辺の草コインは芽が出た後に市場と共に成長し、いずれは花を咲かせる!というプロセスの基に誕生しているため、夢を乗せる未来型通貨であることは間違いありません。

今回の焦点であるオンラインカジノの暗号通貨決済について、今後も採用が増えていく風潮が見られますが、根底にあるのはプレイヤーのニーズがあります。そして、未来のオンラインカジノブランドも、プレイヤーの求めるニーズを越える「ウォンツ(Wants)」に着目し、実現させていくことが課題となっています。実際、ビットコインを筆頭に、未来に花を咲かせるであろう優良アルトコインの採用も増えています。投資の側面も持つ暗号通貨ですが、娯楽の領域にも参入したことで、ますますエンターテイメントの枠組みも興味深いものになっています。

匿名性が高く、決済処理も爆速、手数料もほぼかからない暗号通貨。未来オンラインカジノに

どっしりと構える決済方法と言えます。