【初心者向け簡単】バカラのプレイ方法と用語紹介

バカラは、カジノでも定番のゲームですが、その中でも1ゲーム1分もかからずに終わってしまう早く決着がつくゲームでもあり、ギャンブラーにも愛されるほど大きく賭けることができるゲームです。

最近では、バカラは通常のオンラインカジノだけでなく、ビットコインオンラインカジノでも楽しめるようになりました。

本日は、世界で大人気のバカラのプレイ方法とバカラ用語をご紹介します。

1. バカラのプレイ方法

<ahref=”https: casinoschool.co.jp=”” jcs_column=”” new%e3%83%90%e3%82%ab%e3%83%a9%e3%81%a8%e3%81%af%e3%80%80%e3%83%90%e3%82%ab%e3%83%a9%e3%81%a3%e3%81%a6%e4%b8%80%e4%bd%93%e3%81%a9%e3%82%93%e3%81%aa%e3%82%b2%e3%83%bc%e3%83%a0%ef%bc%9f=”” “=””>ルール</ahref=”https:>

配られた2枚、仮想の2人「バンカー」と「プレイヤー」の、どちらが勝つかを当てるゲームです。

カードゲームの合計数字の下一桁が、9に近い方が勝ちになります。

例えば、引いたカードが「7」と「10」でその2枚の合計が「17」ですが「7」と数えます。

また、プレイがしてでたカードが「8」か「9」の場合「ナチュラル」と呼びこの時点で高い方が勝ちになります。(3枚目のカードを引く場合でも)

その他、「10」「J」「Q」「K」は「10」とカウント、「A」は「1」とカウントされます。

プレイするとタイとされる引き分け、ペアとされるゾロ目があります。(引き分けの際は賭け金が返金されます。)

さらに、3枚目のカードを引く場合もあり、カードを引いた時、プレイヤーの引いた2枚の合計が1~5の場合、3枚目のカードを引きます。

また、バンカーの場合、引いた2枚の合計が6以下でプレイヤーの方が高い場合は3枚目のカードを引きます。

基本的に、テーブルが空いていればいつでも自由に座ったり、立ったりすることができます。(一応、席が空いてなくても賭けることが可能)

テーブルの上に敷かれたシートの上でプレイし、賭けたいところにチップを置き、ノーモアベットとディーラーが言うまでチップの移動などができま

そして、ノーモアベットと言われればカードがプレイヤーそれぞれに配られ勝敗が分かれます。NG行為として他人のチップに重ねるのは注意しましょう!

2. バカラ用語

  • ・Banco

シューからカードを配るプレイヤーのこと。

  • ・Bankroll

プレーヤーが勝ち取った合計金額のこと。

  • ・burn

シャッフルが終わり、新しいシュー(シューター)が始まる前に3~6枚のカードを取り除くこと。

  • ・Callman

バカラをプレイする際の三人いるディーラーのうちのプレイヤーと向き合うように配置された人のこと。 勝者を分ける際の声掛けなどの役目があります。

  • ・Down Card

伏せられているカードのこと。

  • ・face Card

顔が描いてあるカードという意味で「額縁」とも呼ばれ、ジャック、クイーン、キングが該当します。

  • ・Up Card

表向きのカードのこと。 その他の用語集はこちら

3. まとめ

バカラ用語も様々で、ルールも一見難しそうに見えますが、慣れれば初心者でも簡単にプレイすることができます。オンラインでも充実したプレイ環境が整ってもいますので、みなさんもルールを攻略法を勉強して、よりバカラを愉しんでみてください。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする