日本最大のビジネスと新型コロナウイルス感染症が与える影響

ギャンブルは日本で最も大きな産業の一つです。パチンコ・ロト・オンラインギャンブルなど、3つの異なる分野で構成されており、数兆円規模となっています。興味深いことに、日本ではギャンブルは形式的に制限されてはいますが、ギャンブルをする機会は数多くあります。

また、政府は例外を設けるために様々な法律を制定しており、ギャンブル制限法の抜け穴をさらに増やしています。それにも関わらず、ギャンブルは日本で繁栄し続けています。新型コロナウイルス感染症が起こった際に、日本を含む世界のギャンブル産業のダイナミクスが変わりました。

ネットベットを含む様々なプラットフォームのオンラインゲームは、日本のギャンブラーを含む多くの人々の憩いの場となりました。ここでは、「新型コロナウイルス感染症」が日本のゲーム業界にどのような影響を与えたのかを見てみましょう。

コロナウイルスのパンデミックが日本のゲーム業界に与えた影響

政府は、コロナウィルスのパンデミックが始まる前から、一部のギャンブル市場の解禁について議論を始めていました。日本で最大のギャンブルはパチンコであり、合法的に認められているギャンブル方法の一つです。

その他には、自転車競技・オートバイレース・モーターボートレース・競馬などがあります。モバイルデバイスのベッティングアプリの導入により、競馬は日本の重要なギャンブルの選択肢となりました。コロナウイルスが発生し、ロックダウンが起こった際に、人々は新しい楽しみ方を考えなければなりませんでした。

よって彼らはオンラインゲームに切り替えました。日本のプロスポーツ業界では、2020年1月から6月までの間に、試合が中止になったことで25億ドルの損失が出たと言われています。興味深いのは、オンラインゲーム業界が大きく成長したということです。

新型コロナウイルス感染症で業界はどう進化したか

試合の中止や延期、スタジアムの閉鎖などにより、スポーツベッティング業界は影を潜めていきました。プレイヤーが賭けることのできるライブでのスポーツイベントがなかったため、代わりとなるものを作る必要が生じたのです。そこで注目されたのが「eスポーツ」です。

ライブスポーツからeスポーツに注目が集まり、ギャンブラーは喜びました。新型コロナウイルス感染症が日本のゲーム業界に与えた影響の中で重要なのは、業界が決して閉鎖されなかったことです。課題はあるものの、ゲームプラットフォームやギャンブラーが開拓できる以上のチャンスがあるのです。

カジノゲームには、スポーツベッティングに代わるものがあります。また、人々は様々なカジノゲームに積極的に参加するようになり、多くのギャンブラーにとってお金を稼ぐための素晴らしいギャンブルの選択肢となりました。今日では、ライブでのスポーツイベントがスクリーンに戻ってきており、それに賭ける機会が増えています。

結論

新型コロナウイルス感染症はすべての産業に影響を与えました。コロナウイルスのパンデミックのせいで、多くの業界が縮小し影が薄くなりました。しかし、ゲーム業界はこれでよかったのだと思います。パンデミックのピーク時にはスポーツのライブイベントなど、影響を受けたジャンルもあるかもしれませんが、現在は明るい状況になっています。

ライブイベントが閉鎖されても、ゲーム業界は活況を呈していました。人々は、カジノサイトやeスポーツサイトなど、他のゲームプラットフォームに問題なくアクセスできるようになりました。新型コロナウイルス感染症は未だに存在していますが、日本のゲーム業界は今後も盛り上がりを見せ、プレイヤーは様々なジャンルのゲームにアクセスできるようになると考えられます。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする