【愛読書】ウィニング 勝利の経営
top_slide_sample_01
ウィニング 勝利の経営
トワテック株式会社 代表取締役社長 鄭 炳吾

経営者が意思決定を行う中でもっとも大きな課題のひとつが「会社にとって誰がどう考えても正しい決定を内部組織の障害により実行に移せない」ことである。

経営における正しい判断、率直な意見はヒトの本能に反する場合が多いが、ともすると、正しい判断を下しているはずの経営者は社内で孤立し組織に輝かしい未来をもたらすはずの戦略がものすごく適当に遂行され会社は一敗地に塗れる。

経営者であれば濃淡こそあれ誰もが共通して感じる不安と思う。こうした不安と対峙するには会社の「使命」「価値観」を地道に育んでいくしかない訳だが、現実にはもう勘弁してくれと思うくらいたくさんのヒトの問題が降ってくる。

71LT1tFa7BL

本書では、経営者なら誰もが経験して悩んでいる問題について、20世紀を代表する経営者のひとりであるジャック・ウェルチが(彼の言葉を借りれば)かなりあけすけな回答をしてくれている。経営における、特にヒトの問題で判断に迷った時、手に取りたい一冊である。


著者 ジャック・ウェルチ 出版社: 日本経済新聞社
発売日: 2005/9/13、単行本:437P  2,160円

株式会社トワテック

手技療法家向けの医療機器・治療用具・備品の通販サービスならびに関連サービス コーポレートサイト

ザ・ファーストカンパニー2017


宝塚受験応援ブログ

recommend posts
レガシーカンパニーバナーザ・ファーストカンパニー2016バナー foot_ad_sample_03